スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火にあたる

つめたい つめたい 冬の朝。
近所の畑沿いの道でやっている、朝市をめざしててくてくあるく。

きょうは、キャベツとさといもとキウイを購入。欲しかったほうれん草とブロッコリは品薄で売り切れていた。

すこし外れたところで、山のしいたけを並べているおじいさん。
いつも、一人でドラム缶で薪を燃やした火にあたっている。
今日は、おじさんのお誘いにのって、焚き火にあたらせてもらう。

おじさん、歓迎してくれて、土の上で薪をしいて、私の座席をつくってくれる。
これでつめたい地面に座らないですむ。快適。

おじさん、お年は87歳だそうです。
ちょっと離れた山から(5キロくらいあるかな)いつも一人で軽トラを運転して、しいたけをつんでくる。
「こんなんになってしもうた」と見せてくれた手には、深く亀裂が入り、そのなかに土がはいって、洗ったくらいではとれない感じ。「いたいで~」とさすっている。
今でも山に入り、木を切る。野菜やしいたけの栽培に忙しい。
「まいにち、あさ12時半にはおきるで」とおじさん。
「それは朝じゃない~」と、笑いあう。

目の前の火で、私のジャージのズボンが溶けそうになってる。。
そういえば、おじさんは綿や毛のものばかり着ているなあ。

87歳になって、こうして仕事をして、人に出会って、こんな風に年をとるなんて、おじさんの自然や当たり前が、私にとっては大きな憧れ。

山ふかいおじさんの家。
実は、私、知ってるんだ。
「こんど来たら寄って行きや」
と言っていただき、「ほんとに行くね」と返した。

この前も、山に一人で車でずんずん入っていって、畑しているおじさん見てたんだ。
今度から、声かけますね。

ありがとう。

帰宅して、起きてきた三女を抱くと「おかあさん、煙のにおいする。」
という。「いいにおい」って。

木を燃やした、焚き火の匂いはいいにおい。
たぶん、生まれる前から知っていた、いいにおい。

Trackback

Trackback URL
http://itaj.blog21.fc2.com/tb.php/457-35563172

Comment

三日月 | URL | 2012.12.24 10:59 | Edit
今朝は寒かったでしょう!
冷たい空気の中に流れる、煙の匂い。ドラム缶のあかり。きゅっとひきしまった、野菜たち。素敵だっただろうな。
今朝は、昨晩夫に雨戸を締め切られ、「明日は4時起きなんかやめて、寝なさい」と言われ、素直に聞いて、真っ暗な中で寝坊していました。
私が朝寝してる間に、こんな素敵な朝が、始まっていたんだなあ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。