スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定型発達症候群

ルーク・ベアドン著の『アスペルガー流人間関係』の中に、こんな記述があるらしい。


~「定型発達症候群」~


  「定型発達症候群」(Neurotypicalsyndrome)は神経学的な障害であり、社

  会の問題に対する没頭、優越性への幻想、周囲との適合への固執という特徴を

  もつ。定型発達者(NT)は、自分の経験する世界が唯一のものもしくは唯一正

  しいものであるとみなす傾向がある。NTはひとりでいることに困難をもつ。NT

  は、さして重要に思えないような他人の差異に対してしばしば非寛容である。

  NTは集団になると、社会性および行動において硬直し、集団アイデンティティ

  を保持する手段が機能不全で、破壊的になり、信じ難い儀式の遂行に執着する

  ことがよくある。NTは率直なコミュニケーションを苦手とし、自閉症スペクト

  ラムの人に比べてうその出現率が高い。


言わずもがな、定型発達症候群とは、この社会に生きる大部分の、自分は発達障害や、いかなる障害とも無縁であると思って生活している方たちのことです。
しかし、その「ノーマル者」がそれほど幸せに生きているといえるのかな。

新たな示唆に、富む視点。
この視点を忘れないでいたい。
私は、障害をもつと診断されたことはないけれど、多くの自分しか知らない生きにくさを抱えています。

けど、それらの「行きにくさ」とよばれるものは、本当は大事にしなくてはならないものなんだろうな、ということが、少しずつわかってきています。
すべての芸術は、過去の方たちの「生きにくさ」から生まれている、ともいえるように思います。
私は、自分の生きにくさを、芸術に昇華できるだけの力を、まだ持ちえていない。
私が、自分のことでつらいと感じるとしたら、そこの部分なんだと思います。

勇気、がないだけのこと。


今日は国政選挙の投票日でした。
政治家の方たちのなかには、この「定型発達症候群」な方たちが多数いるように、感じるのは、私だけではないのではないかな。。そうか、テレビの向こうのあの人は、定型発達症候群なんだ。

Trackback

Trackback URL
http://itaj.blog21.fc2.com/tb.php/456-7f5e501f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。