スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウールの裏地付け

裏地つけで、止まっていたウール地の洋裁、ご近所の洋裁の先生のところに通う事4回、ようやく裏地のついたチュニックが完成しました。

P1060355.jpg

後ろをリボンで結ぶかたちで、夏も同じものを薄地で作って、気に入ってきていました。
冬物でも作ってみたくて、同じ型紙で作ってみました。

‥けど、当たり前だけど、布が違うと、感じがかなり変わってしまって、着てみた印象が予想していたものとかなり違うものになってしまいました。

ちょっとがっかり。

これも経験ですね、次のお仕立て頑張ります。

Trackback

Trackback URL
http://itaj.blog21.fc2.com/tb.php/356-5e823bc4

Comment

takeko | URL | 2010.12.10 17:18
何事も経験だよね。
イメージ通りの作品が出来上がるのはデザイナーさんだよね、みんなお勉強して上手になっていくんだよ。
あいちゃんがパタンナーになリたいって言ってたけど、イメージで書いたスタイル画から型紙にうつすっていう仕事もすごい想像力がいるんだろうね。
勉強させてあげたかったなぁ。 今頃言っても遅いけどね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。