FC2ブログ

シラバス

大学院から、講義内容一覧の、分厚いシラバスが送られてきた。
ようやく、合格したんだな、と実感‥しているかんじです。

受験を決めてから、半年。論文のコピーやら、辞書やらテキストやらを入れて、重たくて取っ手が取れそうになってるイオンのマイかごを手に、勉強する場所を求めて、台所のテーブルやら、こたつやら、家のなかをうろうろする日々でした。子どもが家にいるときは、勉強が手につかない。勉強時間は、深夜か早朝と、仕事のない日の平日の昼間に限られていました。
今回の受験の合格定員は3人。毎年10倍を超えてる倍率をみるたびに、ため息ばかり出て、受験することをほとんど誰にも言えずにいました。

試験の日も、寒い朝に5人分の洗濯物を急いで干して、台所の朝ごはんの洗い物を尻目に、あわてて家を出て。
試験から帰ってきたら、スーツも脱がずに、残りの洗濯物の洗濯を始めて。
試験前日には、珍しく雪が積もり、寒さに震えながら、三女と雪だるまをつくってた。
そんなお母ちゃん受験生。すんなり合格するとは夢にも思いませんでした。

シラバスを手に、著書でしか出会っていなかった先生方の講義を受けれる幸せを感じると同時に、このハードな勉強に耐えれるかな、三女はどこに預けよう、学費‥と不安も、もくもくとわいてくる。
ようやく受験勉強が終わったと思っていたが、勉強量としては、さらにハードなものになりそうな気がする。


けど、ずっと心にあった分野の院での勉強。
このことを完遂できたとき、わたしは自分自身にたいして、今よりも、ほんの少しやさしくなれる気ようながする。

できることを、ひとつずつ。

スポンサーサイト



inside

知り合いの町会議員の方から、メールをもらって、急遽、原発を考える会に参加してきました。
http://atomausstieg-action.jimdo.com/
その方(かおるさんといいます)には、行ったら会えると思っていたけど、向こうで会えました。

京都の円山公園で開かれた集会には、多くの家族連れ、若者、おじさん、おばさんが詰め掛けていました。
その後、集会は四条通を通るデモへと。
三女がいたこともあって、部分的になりましたが、四条通のデモ、ゆったりと歩いてきました。
子連れの方たちもたくさんいました。

警官が大量に道路に立っているのが、のんびりした雰囲気と不釣合いで面白かった。

P1110388.jpg

こういった集会に参加したのは、初めてでした。
ただ、一人でもカウント人数が多くなることが、力になるのかもという思いで参加しました。
三女と次女を連れて、カウント3にはなれたはず。


どうか、原発の火がすべて消える日が、近いうちにやってきますように。
プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する