FC2ブログ

良寛さま

---良寛さまは、欠けた鉢ですべてをおまかないになった。その鉢で、托鉢をし、足をあらい、粥をすすったのです。


このフレーズが頭から離れない。

近々、この江戸後期の僧の教えを、みんな再認識するようになるような気がするのです。
今の時代に、きっと大切なことが、たくさん見つかる、そんな気がします。


スポンサーサイト



朝の握手

朝、登校前、子供が「お母さん、サインして」と水泳カードを持ってきて、手を差し出す。

私は黙って、その手を握って、水泳カードに
「体温36.4  プール可 山本」と書き込む。

お母さんの握手は、電子体温計より、きっとずっと正確。


プールカードと、朝の握手。

めがね

次女はなみが、めがねをなくしてくれたので、新学期を前に新調してやることに。

めがね屋に行く途中、「もう、二度となくしたらだめだからね!お父さんが頑張って、山登って、ヒルに血をすわれて、しょっちゅう徹夜で仕事して持ってきてくれてるお金で買ってるんだからね。お父さんのめがねなんて、インターネットで二千円で買ったやつなんだよ!あんた何万もするようなフレームがいいとか言い出したら、承知しないからね。分かった?」と言い聞かせました。

はなみから出た言葉は、

「わたし‥大きくなって、だんなさんがめがねかけるような人でも、インターネットで2千円のめがねは、かけてほしくない‥‥な‥‥。」

だそうです。
セレブを目指すはなみは、そこに反応したようです。


ポイントはそこじゃない~~。

こころにのこる 細胞にのこる‥

ほんとうに、おいしいものをいただきました。

s-2009.8,17-8.18 009


母の実家の岐阜の下呂近くでそだった、おじさんが作っているとうもろこし。
おじさんが、うちにクール宅急便で送ってくれたのです。

皮をむいているときから、ふうん、とやさしい甘い香りがしてきます。
なべにいれて、いい香りに蒸かしあがったとうもろこしを食べたら、舌がおいしい、と感じるというより、とうもろこしの甘さが、自分の細胞ひとつひとつを、ひたしてくれるような、なんとも幸せな気持ちに。

あぁ、おいしいなぁ。

薄皮は薄くて、なんともジューシーで、口の中でプチプチとはじける感じ。
娘3人と、言葉も交わさず、ひたすら食べました。

本当においしいものってのは、言葉もうばってしまうのね。

おじさん、ありがとう。
魔法のような、とうもろこしでした。

お野菜でも、お料理でも、たまに魔法、をかけれる人がいると思います。
おいしい、のはもちろんのこと、なんか心の深いところで、しんしんとうれしくなる食べ物を作れる人が。

この、とうもろこしは、まさにそんな魔法に満たされていました。

ほんとうに、ありがとう!

たんすはいかが?

私が使っていた、たんす、リフォームにともなう模様替えで、使わないことになりました。
なかなか昔のものだけど、引き出しがいっぱいあって、上には飾りだながついていたりして、私は気に入ってました。

こんな子です。
s-2009.8,17-8.18 037

地域のフリーペーパーの、「差し上げます」コーナーに「昭和レトロなたんす差し上げます」って掲載したんだけど、リアクションなく‥。
せっせと引き出し、洗って待ってたのに‥。

「若い一人暮らしの子とかで、タンスなくてやってることか、すぐに貰い手、あるだろうな。」と思ってたので意外でした。みんな、そんな苦労してないのかな。。

s-2009.8,17-8.18 042
上段は、ガラス引き戸の飾りだなです。

リサイクルショップにも、型が古くて引き取ってもらえないだろう。
処分するのも、かわいそう。
まだ、使えます。

だれか、使ってくれませんか?

happy happy birthday

s-2009.8,17-8.18 034

夫が久しぶりに帰宅したので、昼に焼いたチョコレートケーキで次女葉波と夫、合同のハッピーバースデーをしました。

次女はこの間9歳に、夫はついに大台に。


夫は船長さんのように(昔から、帰ってこないお父さんの職業は船乗り、と決まっていた。長靴下のぴっぴも、最近では、ポニョに出てきたそうすけのお父さんもそうだ)、たまにしかかえってこないので。


お誕生日おめでとう、うちはいつのまにか年に5回もできるようになったなぁ。
6回でも7回でもやりたいところだけど。

各党の子育て支援が気になるところ。
手厚く支援してくれるなら‥あと2~3人はいてもいいな。

ビールじゃないけど

キリンから、新しく、ビールテイストでアルコールゼロの商品が出た。
その名もフリー

飲酒運転のない社会に‥とうたっている。

ほんと、出先で運転理由に飲めないのは結構つらいですもんね。
おいしいバーベキューやっても、ビールなしで食べると、うれしさも、半減‥。私は‥。

今までも、ノンアルコールのビールテイスト飲料はあったけど、わざわざ買うほどおいしいものはなかった。その新商品、おいしかったら、そらありがたい話やな~と思っていたのですが、先日、長女がそのコマーシャルを見て、台所の私に
「ねぇお母さん、アルコールゼロのビールやって!」と興奮して言ってきた。
私のことを思ってかなぁ、いつも運転私やから、と思ったら、次に出た言葉は

「子供も飲んでいいんかなぁ~!」

‥。なるほど。
ノンアルコールだったら、問題ないかもね‥。

いつもビールの泡をなめて「おいし~い!」と言ってる長女には朗報のようです。

キリンさんも、ポスターのコピー、「ドライバーのみなさんへ」の横に、「飲みたくても飲めない子供のみなさんへ」って付け加えたら、全国の将来のお得意さんをつかめるかもしれませんよ~。

はまってます

5月に、初めて田植え体験をした。
いつも、お米を配達してもらっている酒屋さんの主催で、京都の園部まで行ってお田植え、してきました。

その植えた苗が、知らなかったんだけど、後で聞いたら、酒米だということで‥。
ちょっと味見、と、そのお米で作っているお酒、「天引」の400ml瓶を試しに買ってみたら、おいしかった!

今まで、日本酒には全く興味なかった私でも、そのおいしさに、あっという間に瓶を空にして、その後、瓶の大きさは、720から一升にずんずん大きくなり‥。

配達してくれる酒屋さんに「どうしよう、一人で飲んでるのに、どんどん瓶が大きくなってるんだけど‥・。」というと「もう、これ以上大きいのないから大丈夫。」と、何が大丈夫か分からないけど、一升持ってきてくれて、それも1週間ほどで飲みきりました。

子供との夕食の合間に、一人やってるお酒のおかげで、子供に「早く食べなさい」と急かすこともなくなったかな‥。

ご飯時、いつも最後まで残ってる三女に「あれ歌って、これ踊って。」とリクエストした余興を椅子に立たせてやってもらいながら、飲んでると、「あぁ、これが、きっとあの、『しあわせ』ってやつなんだ‥」とぼよ~んとあほなことを考えずにはいられないくらい、おいしいお酒です。

下は、夏祭り限定ラベルの小さい瓶。それがすぐに空になってしまったので、「夫に一升は品がないからやめろ」と言われながら、やっぱり買ってしまった、夏限定純米生生原酒の天引です。

小林酒店で手に入ります。そこの店長のおっちゃんは、歌うたいで、町のお祭りやら、もちろん田植えでも、マイクにギターでアメリカンな唄を聞かせてくれます。HPでブログやってるのも発見しました!いっつも色眼鏡かけてます。夏祭り限定ラベルに、色眼鏡のネコが浴衣着て寝そべってるイラストがあるけど、ほんと、こんな感じの方。

そのアメリカンな店長に、「田植えのせいで、飲まなかった私が毎日飲むようになったわ。こうなったら稲刈りも行くで!」というと、「いや、純米酒だし、体にはいいと思うんで‥」と頭を下げておられました‥。


この夏は、これで肉体的精神的にのりきります。


s-2009.8,5-8.7 002

けど、たまには大人と飲みたいなぁ。

どなたか一緒に飲みましょう~~。




夏祭り

今日は夏祭り。

三女実咲も、浴衣に下駄を履いて、うきうきです。

「いってきま~す♪」
っていっちょまえに、お姉ちゃんたちと家を出たものの‥

s-2009.7.26-8.4 146

もうお祭りでは、友達とうろつくのが楽しいお姉ちゃんたちに置いていかれて、不本意で大泣き。


s-2009.7.26-8.4 158


このあと、「ほんとはお姉ちゃんたちと行きたかったのに」パパとママとお祭りに行って、カキ氷を食べてご満悦でした。

プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する