FC2ブログ

お父さんの会社

家族で梅田の北のラマダホテルのバイキングに出かけた。

そこは、キッズフリーとのことで、12歳以下無料なのだ。

我が家の長女は、10歳にして、大人顔負けの食欲なので、助かった~。

並んで焼いてもらった、ステーキがおいしゅうございました。

s-2008.11.18-11.30 055



その後、そのホテルのすぐそばの夫の会社へ、初訪問。

s-2008.11.18-11.30 062

初めて見る夫の机‥。
家の状況から考えると、結構きれいにしていて、ほっ。

私はここに、夜11時とか、夜中の2時とか3時とか、明け方5時とか、7時とか、「まだやってんの?」と電話していたわけだなぁ。

これからは、電話しても相手のデスクがイメージできて、かなり気持ちいい。

娘たちは、どう思ったのかな。
「カイシャ」が「会社」に変換可能なくらいの経験にはなったかな?

会社で働いたことのない私は偉そうになにもいえませんが‥。

スポンサーサイト



伊勢神宮へ

なぜだか、行かなきゃいけない気がして、伊勢神宮に御参りに行ってきました。


自分でも分からないけれど、毎日、台所に立ち、包丁で大根なんかを刻みだすと、いつもなぜか「伊勢神宮にいかなきゃなあ」という気持ちになるのです。


学校の土曜参観の振替休日の月曜日をつかって、娘3人と愛車のミドリちゃんにのって、伊勢まで行ってきました。

この日のために、カーナビもつけました。

女4人の旅は、なんかいつもたのしい。
CDにあわせて、みんなでアンジェラアキの『手紙』を熱唱。
「お母さん、歌詞ちが~~う!」といつも非難を浴びてばかりなのですが。

まず、外宮に御参りし、内宮に向かうと‥

平日だというのに、駐車場は満杯、すごい人でした。

境内には鶏は放し飼いされていました。
とても美しい鶏でした。
s-2008.11.17 伊勢神宮 048

拝殿につくと、無風なのに、白い垂れ布がふわあっと揺れて、「よく来ましたね。」と言っていただいたような気持ちなりました。

あっちに行き、こっちに行きの実咲に手を焼きながら、無事御参りをすませ、子供たちはお守りを買い、外にでて、「おかげ横丁」で昼食。

伊勢うどん、をいただきましたが、ぶよぶよの麺にだし醤油がかけられたもので、なんか、特においしいもんではなかった‥。
子供たちにもイマイチだったようです。

気を取り直して、伊勢といえば、赤福!

赤福本店で、赤福とお茶をいただきました。
目の前には五十鈴川が流れおり、ゆったりとした時間がすごせました。

s-2008.11.17 伊勢神宮 120


もう暗くなってきて、いざ帰ろうと車に乗り込んだとき、実咲が車のドアに指を挟んで大泣きする事故が‥‥。
指はぷっくり腫れてきて、このまま心配を抱えて車を走らせるのも、怖いなぁと思い、119に電話して開いている外科を紹介してもらい、直行することに。
教えてもらった電話番号をナビに入力すると、すぐに病院までのルートガイドを開始!
5分で着けました。
ハイテク、すごいなぁ。

知らない街で、もう暗い中、電話で聞いた道案内を頼りに病院にたどり着くなんて、私にとってはほとんど不可能に近い。

ナビがあってホントによかった。

ナビ装着1日目から、ナビ大活躍!

実咲の指は、レントゲンの結果、大きな損傷はなく、大丈夫とのこと。

ほっとして、暗い高速をとばして帰宅したのは9時前。


とんだオチがついてしまったけど、念願のお伊勢さん参りができて、よかった。
付き合ってくれた子供たち、どうもありがとう。


さあ、ナビをつかって次はどこへ行こうかな。

授業参観 今と昔

授業参観でした。

4年生のパソコンの授業。一人に一台与えられた画面に向かって、この間の遠足の感想と、絵をパソコンで制作。
こんなこと、今からやらなくても、大人になって仕事で必要になったら自分でやるだろうに‥。

三女、実咲は興味しんしんでおねいちゃんの横に座り、覗き込んでいました。


s-2008.11.3-11.10 077



次女2年生の算数。こちらは、25年前となんら変わらない光景。
当てられて、ちょっと緊張しながら、チョークで黒板に答えをキコキコ。


s-2008.11.3-11.10 078



休み時間。実咲がおねいちゃんの席に座ると、みんながよってきて、かわいいかわいい実咲の絵を描いてくれました。


s-2008.11.3-11.10 109

みんないい子。
少なくとも、25年前の私よりはずっといい子だなぁ、というのが今日の感想です。

アキバ系‥

三女のために、庭につくったお砂場ですが、おねいちゃんたちに大人気。
毎日、いつものSちゃんとKちゃんがきて、日が沈み真っ暗になっても懐中電灯を木にブラーんと吊るして、暗がりの中遊んでます。

先日は、柵を乗り越えて、普段はあまり接触のない男子まで侵入。
4年生男女が4人がしゃがみこんで、なにやら歌を歌いながら暗い中、砂場で砂をツンツンツン‥ あやしい。

翌朝、遊んだままの砂場を見ると、いろんな創意工夫された砂料理が並んでます。
このへんは、さすが4年生の力量あります。

今日は2年生の次女はなみも加わって、またまた真っ暗の庭で遊んでる。
庭から、ぎゃはぎゃは、お腹がねじれるような笑い声‥。

いつもはのぞかない私も、「何事か」とさすがに見に行ったら、はなみが頭にリボンをつけて、砂で作った料理の前で

「おいしくなあれ♪おいしくなあれ♪ニャン ニャン ニャン~♪」

と体くねくね、振り付きで踊ってる。

「何やってんの」
と4年生たちに聞くと、「えー、メイド喫茶ごっこ~。コーヒーもってきたら、お客さんの前でこうやって踊ってくれんねんで~~。テレビでやってた。」
「はなみ、めっちゃ上手いし!」

「‥‥‥。」



s-2008.11.3-11.10 070

確かにはなみは、まんざらでもないようで、その道でやっていけそうな‥‥

いか~~ん!

いやはや。小学生の砂場遊びは、どこに発展していくか分からんわ。

文化祭 終わった~

今年も、ステージママになるはめになった文化祭、終わりました。

午前中は、長女あきはと、次女はなみが二人で出た手話ダンス。
総勢20人くらいの子たちが、元気に踊る姿は、皆さんに好評でした。

ビデオ撮ってたので、写真がない‥。ごめんなさい。
最後の「ハピネス」って曲でのダンスは、会場の皆さんが、手拍子をとってくれて、なかなか‥ジーンときた。

午後は、次女のバレエ。

s-2008.11.3-11.10 042

今年は、結構プレッシャーを掛けられていたはなみですが、本人は終わってほっとできたようです。よかったよかった。

大変だけど、成長を感じられる、大切な行事なのかもしれないです。

庭にお砂場

考案より半年、ようやく庭にお砂場を作ってやれました。

s-2008.10.29-10.31 002

みさきも気に入ってよく遊んでくれています。
今は、どんぐりやら、ビアカンサスの実やら、いろいろ実のものが豊かで、おままごとも色とりどり楽しいです。

s-2008.10.29-10.31 011



関係ないけど、今日最寄のスーパーにて、最悪のセンスでアレンジされたビートルズのノルウェイの森がかかっていた。あの切なげな、なんとも言えない甘い心地よさは完全に無視されて、変なリズムに無理やり載せられ、安っぽく救いがたい明るさの曲に変曲されていた。

ジョン&ポールの知るところじゃないんだろうけど、不愉快だからやめて欲しい。
スーパーの音楽は、いつも私を微妙に不愉快にさせるので、やめて欲しい。今回は、かなり深いところまで不愉快さが入り込んできたが。

かかってないスーパーがあるのなら、そちらに行きたい。

スキー場の音楽は、もっと切実にやめてほしい。
誰があんなもん喜んでいるんだろう。

騒音以上に騒音でしかない。

‥と、文句にはきりがありませんが。

お砂場はかなり成功♪のようです。



プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する