FC2ブログ

沢と山とおまわりさんとカブトムシと‥

朝から、姉二人、かなり機嫌が悪くて、本当に困る。

ちょっとしたことで、つっかかりギャーギャー怒り出し、うるさいうるさい。

雨もまだ降りそうにないし、このまま家にいるのは、私の精神状態にも悪すぎる‥。
と、「サイクリングに行くよ!」と声をかけた。

最初は、長女は「どうぞ行ってらっしゃ~い。家にいるから。」と言っていたが、「いいからおいで!」となんとか外に連れ出す。
次女も、「やっぱり私も行くわ。」と外に出てきた。けど、足元はおしゃれサンダル‥。
「何考えてんのよ!どこにいくの!デパートに行くんじゃないんだから、スニーカーに履き替えておいで!」と言うと、「え~~ん、だってこのワンピースにスニーカーは似合わないんだもん~~」と逆キレ大泣き。‥‥たまらんわ。

ようやく長女と次女の自転車が揃い、三女を私の自転車の前乗せに乗せて、しゅっぱーつ。

少し前までは、「探検に行こう!」って言ったら、それだけでワクワクして、「行く行く~」とついてきたのに、走り出してからも、私が前に行くだの、のど渇いただの、文句ばっかり言って来る。

数年前に一度行った事のある、小さな滝のある沢に行く。
行き止まりの、その滝の脇には小さなほこらがあって、掃除道具が置いてあった。
「いつもお掃除してくださる方、ありがとうございます。」って札がぶら下がっている。


s-2008.6.26-28 004


誰からもともなく、掃除を始める子ども達‥‥。
葉っぱを集めて置いてあったちりとり役のざるにとり、かなり本気で掃除してました。

三女もほうきを持ってうろうろ。


s-2008.6.26-28 009


掃除が終わって、沢に下りてみました。
サワガニがいたよ。

次女と三女は、くつのまま沢にじゃぼん。
さらさらと水の流れる音して、ふんわかと漂う水の匂いが涼しげで、気持ちよかったなぁ。

長女と次女は、ざぶざぶ顔を洗ってました。
「つめたーい、きもちーい!」


今は、山にいくと野いちごの取れる季節です。
次女が「保育所のとき、このへんに散歩にきて、こっちの坂上がったところにいっぱい野いちごがあって、取りにきたよ!」と教えてくれたので、行ってみることにしました。

かなり急な坂を頑張って上がり、なかなか野いちごも現れず、「この先になにがあるんだ~?」と思い始めたころ、そこにいたのは、野いちごではなく‥

s-2008.6.26-28 016


おまわりさん。
山の中の、名神高速の陸橋の上で、京都で開催中の国際会議の警備中でした。

「なんでこんなところにいるんですか?」
「警備です。」
「なんで?京都の会議?」
「そうです。」

とどこまでもクールで面白みのない、お巡りさん二人、さすがといった感じでした。
実はお巡りさんの皮をかぶった精巧なサイボーグかも知れません。

国家権力、あなどれません。


嫌がるお姉ちゃん達を追いたてながら、その先へと登っていくと‥‥。

なにやらうれしそうなおっちゃんに出会いました。

「ここ10年もこの山毎日登ってるけど、こんなん初めてや」
とおじちゃんが見せてくれたのは‥‥

s-2008.6.26-28 024


カブトムシ。
かなりでかい。

「山の人に聞いたら、『オスやし赤やし、4~5千円で売れるで』て言われたわ。
んで、包むもんもないので、こんな鼻かみに包んで持って帰るんや。朝から縁起ええわ~。」
ティッシュの中から見せてくれました。
あんまり運びにくそうだったので、ちょうどかばんに入ってた銀行の封筒をあげたら、喜んでました。

今ごろ、カブトムシちゃんは、どこの店にいるのでしょうね。
んで、おじちゃんはきっとカブトムシから化けたおいしいお酒でも飲んでるんでしょうね。




s-2008.6.26-28 030



見晴らしがいいところで、三人にバンザイさせて、記念撮影。

他にも、七夕用の笹をとっているらしい親子やら、山奥に入っていって。腐葉土をつんで走り去る他府県ナンバーの軽トラの若者やら、案外いろんな人に出会いました。


先には、もう民家も何もない山ですが、なかなか奥が深いです。

スポンサーサイト



お庭プール

今朝は朝から、三女実咲さんのお友達と一緒にお庭で水遊び。


s-2008.6.17-6.25 057


いつになく楽しそうな表情の実咲です。

お母さんたち、顔面に水かけられてもニコニコニコ。

三人目ともなると、お母さんもプロの技入ってます。

はぁ‥つかれた‥‥

次女のピアノの発表会がようやく終わった。

あ~もう、つかれた。

葉波の思い通りの「はかなくかわいらしい」曲で、先生の選曲はとてもよかったんだけど、仕上げるのに、まるまる2ヶ月かかりました。

最初は、「弾けないからやだ~~」と、途中で指がつまるたびに大泣きで、ピアノに向かっても、すぐにやめてしまい、かなりイライラさせられました。

実は、発表会前に、先生にやめる旨申し出てたのだが、葉波がその場で泣きながら「やりたい‥」というもんで、「じゃぁ、とりあえず発表会まで頑張ることにしますか。」ということになったのです。

この2ヶ月、ピアノをやめてれば言わなくてすんだことを、言い続けて、発表会の曲をなんとか仕上げさせました(涙)。本人が、発表会がいやな思い出になってしまったら、かわいそうだなぁ‥って思って。


本番は、なんとか、つっかえることなく最後まで弾けて、心底ほっとしました。


s-2008.6.17-6.25 014


出たらだれでももらえる「頑張ったで賞」みたいなんをもらって本人ご満悦‥‥

s-2008.6.17-6.25 042


しかし、お母さんはもうごめんです。

ピアノ、これをいい思い出にしたまま、6月でやめます。
2度目の挫折だが、うちには、やる気のないお稽古に付き合うような金銭的、精神的余裕はありません!


創立記念日

小学校の創立記念日。
夫は、忙しい中、平日に空いてる遊園地にでも連れて行ってやるか、と休みをとった。

しかし、朝9時台、空から大粒の雨‥‥。

「雨の日に遊園地にいっても仕方ないなぁ」
と急遽行き先を変更して、大阪キッズプラザなるものに行って来ました。

建物内で、いろんな遊具や実験装置で遊べて、子どもたちは楽しかったようです。
なにより、空いてたのがよかった。

シャボン玉の膜の中に入ったり、車椅子体験したり‥‥に夢中になってたかな。4年生の長女には、幼すぎる施設かな、と思ったけど、十分楽しんだようでした。

親はヒマヒマで、子ども達も大勢のボランティアのおじいちゃんおばあちゃんたちが相手をしてくれるので、親を必要とすることなく遊びまわってるのをいいことに、「その辺ぶらぶらしてみますか。」と外に出て、天満の商店街を夫婦で三女のベビーカーを押して歩いてみた。

「本屋でもあったら一番いいんやけどなあ」と思って歩いていると、本読んでそうなおじさんがやってる、ぱっとしない品揃えの古本屋が一件だけあった。
あとは、平日昼間から、お客さんでいっぱいのパチンコ屋とか、たこ焼きやとか、派手な服屋とか、そんなんばかりで、大阪で育ったはずの夫も「この調子で延々どこまで続いてるんやぁ‥?!」ともらしていた。

途中にあった、おっちゃんおばちゃんで込み合ったドトールで、読むもんもないので、キッズプラザでもらってきた元素表を広げながら「うわぁ、マグネシウムのところ、豆腐の絵やで~」などとあれやこれや話しながらコーヒーを飲んで、キッズプラザに引き返しました。

キッズプラザの裏の扇町公園で、ロッククライミングにちょっと挑戦してみたけど、全然、全く歯が立たなかった。
登ってる人は、ほんとどうやって登ってんだろ、びっくりだわ。
下は、ようやく一番下の段にへばりついた夫です。
なかなか、情けない感じがよく出てます。

s-2008.6.17-6.25 008




再会した子どもたちは、貸切のように空いた施設で、相変わらず目を輝かして、走り回って遊んでました。

結局、閉館まで遊びきり、帰りは疲れた子供たちに、「結局あれから雨降ってないやん!遊園地いけたやんか。」などとぐずぐず言われながら帰りました。

あんだけ楽しんでたくせに、全く‥‥。

帰りの電車や、立ち寄ったスーパーで同じように家族で遊んできた子どもたちの同級生に何人もあいました。その子らはUSJに行ってきたんだって。

うちはまだUSJ行ったことないのよね~。
これからも行く予定はないけれど。

遊園地なんざ、ひらパーで十分、というのが我が家の数少ない方針です。


梅雨

実咲さん、毎日黄色い傘もって、雨を探してお散歩です。


s-2008.6.6-6.7 005



水たまりを見つけては、そろっとつんつん。
全身びしょぬれになる3分前の光景です。

s-2008.6.6-6.7 010

初めての‥‥

三女実咲、ソフトクリームデビューです。

まだ半分くらい母乳で栄養とってるくせになかなか生意気ですね~。

実咲はとても気前がよくて、すぐにおいしいと思ったものは、人にあげようとするのですが、今回もまたまたぺろっとなめては私にくれたので、思い切りガブッといったら、大泣きされました。


s-2008.6.6-6.7 075


早くも世の中の難しさに涙か‥‥。

がんばれ実咲~。

梅仕事

スーパーに梅の実が並び出してずいぶんたちますが‥‥。

ようやく我が家でも夏の必須アイテム、梅シロップ作りができました。

s-2008.6.6-6.7 067



梅の実は、スーパーに並んでるのよりも、農家のおうちの庭先にほっといてもなる実が一番、だと思うので(農薬かかってないし)、路地販売のものを、西京まで行って手に入れてきました。

今年は、西京は不作だそうで、あんまりなかったです。
これも2件目でようやく2キロだけ手に入ったもの。

しかし、去年飲みきれなかったシロップがまだ1瓶残ってるのに、こんなにつくってどうするのでしょうね~。

けど、この仕事せずに夏を迎えるのは、ちょっと落ち着かないのです。

いつのまにやら

あんまり暑いので、三女にお水をかまわせてやろうかな、と庭にベビーバスを下ろし、水を張った。

日差しを受けキラキラ光る水面に、小さな草花を浮かべ、そのたゆたう姿はきれいきれい‥‥。
三女も大喜びで、ピチャピチャしていました。


s-2008.6.6-6.7 088



‥‥しかし、そのうち三女実咲が悪ノリしだし、ホースでおねえちゃんたちに水をかけ出してから、だんだん様相が変わってきました。

「もうやめてよ~、だめだよみっちゃん!」って言いながら、うれしそうにかけられっぱなしのお姉ちゃんたち。そのうち、4年生の長女のお友達まで加わって、実咲から小学生にホースの実権はうつり、本気の水かけ合戦へ‥‥。

んで、ひとしきりびしゃびしゃになると、みんな「さむい~、さむい~」と言い出し、今度はベビーバスにお風呂から汲んできたお湯を張ってやると、みんなそのあったかいお湯になんとか入ろうと、ベビーバスひとつに4人がひしめきあって入っていました。

s-2008.6.6-6.7 097


実咲は、いつのまにやら裸で、生まれて初めての光景の中、ベビーバスのすみっこでお湯につかり固まっていました。

あー、始まったな~、夏。

4年生のお姉ちゃんたちは、もう今年から絶対に庭で裸は禁止です!

最近ハマってます

以前、このごろ何も燃えるものがない‥‥とブログに書いた私ですが、最近、ちょっと心を熱くして見ているものがあります。

‥それは、格闘技。

今までは、まったくといっていいほど関心がなく、未知の領域だったのです。
しかし本等をから須藤元気に関心を持って、彼の試合をyou tube で見てみました。するとなかなか素晴らしくて、彼の試合を次々と見るようになって、そしたらその対戦相手の過去の試合も追いかけて見るようになって‥‥。

総合格闘技は、長くても1試合10分以内には確実に終わります。インターネットで見るものとしては、ちょうどいい時間の長さなんではないかな。

気に入った試合は何度も見てしまう‥。

鍛え上げた男同士がガチンコでぶつかる緊張感、相手の動きを計算しつくして掛けていく技の数々‥。

須藤元気は言います。「相手と完全に調和したときに、勝利がある。」相手を打ち負かすつもりでなくて、相手の中に入ってしまう瞬間に、技が決まり勝利となる、そうなんですね。

深い‥深すぎる。かっこいいよ~~~。だーーー。


須藤元気の引退試合を載せることを許してください。
引退してからハマってるところが情けないな~。




なんか途中で終わってしまっているので、続きを見たい方(いるのかな‥ハハ)は、you tube で「須藤元気 引退」で検索してみてください。でてきます。


黄色いかさ

梅雨入り、するんですかね。

s-2008.5.26-6.1 017


実咲は、小さな黄色い傘を買ってもらって大喜びでさしています。
手が疲れるから、こうして保持するのはしんどいみたいで、たたんで引きずる方がお気に入りです。


実咲にとってはちょうどいい大きさの傘も、お姉ちゃんが持つと、まるで大道芸の小道具のよう‥‥。

s-2008.5.26-6.1 024


プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する