FC2ブログ

静かな夜

昨日、ソーイングギャラリーで開かれた、ボブ・サムの神話を聞く会に行ってきました。

ボブ・サムさんは、写真家の星野道夫さんの文章の中に、何度も登場する星野さんの友人で、アラスカ先住民族の方です。星野道夫さんの本に、まさにどっぷりはまっていた時期、ボブさんは私の中に強烈な印象を残していきました。星野さんの本の中にある、ボブさんの写真を(だいたいは、ぼおっとした顔をされている)何度も見つめていました。見つめることで、何か文章に書かれた以上の大切なことを知れないかと。
その、ボブさんに直接お会いできるなんて。
友人からの誘いを受けて、夢見たいだと思いました。


ボブさんの神話語りを聞く会場は、ソーイングテーブルのお庭。
3月とはいえまだ肌寒い夜、星空の下、焚き火の火を見つめながら、ボブの語りに耳をすませました。

ボブの声はやさしくて、ボブの背中にぺたりと乗っかってお話を聞いているような気がしていました。
ボブは、土地の精霊のために祈る。そして静かな声で、一人ひとりに、ゆっくりと、大切なことを、大事に話してくれました。
それを、焚き火にあたりながら、大切な友人たちと並んで聞いていたら、だんだん自分のなかの「核」のようなものを、感じてきました。日ごろ、自分の周りの人や、状況や、不安や恐れに振り回されているのが「自分」だと思っていたけど、それは自分ではないんだ、この「核」の部分が自分なんだ、って。
ボブはまっすぐ、何千年も昔から引き継がれている、私たちの「核」にとどく話をしてくれた。
ボブは何度も言いました。'the same human' わたしたちは同じ人間です。 人も、草も、木も、山も、石も same spirit を持っているんだよ、と。
そして、人、草、木、魚、山がどうやって spirit をもつようになったかの話を、あたたかく、静かに語ってくれました。spirit は、痛みと勇気がないとこの世にもたらせなかったのだ。ぱちぱちと木が音をたてて燃える焚き火のまわりでの語りを聞きながら、痛みと勇気と希望のなかにいる自分を感じました。

私は、知っていたけど忘れていた、忘れたことにしていた話を、ボブに思い出させてもらった。
そう、人も、魚も、木も、草も、石も、spirit をもつ存在だって、知ってたのに、知らないふりをしていた。知らないふりをすることで、なんとかこの現実にすりよってうまく生きようとしてきたのかもしれない。

けどもう忘れたふりは、できないな、と思います。
ボブに、直接「本当のこと」を教えてもらったのだから。

そのことを忘れずに、この現実のなかで生きていける、力強さを、持っていきたい。
それは、とても静かなものなのだと思います。
ただ、意識の問題であって。

私の何千年の歴史の中で、忘れられない夜。
スポンサーサイト



夏のおみやげ

夏のおみやげ、いただきました。

s-P1080018.jpg

めちゃめちゃかわいい。

若いころ

数年来あっていない、大学時代の友人から、前回の記事のコメント欄に書き込みをいただきました。

私が、今大学時代を思い出すと、身もだえしそうな恥ずかしいことばかり浮かんでくる。
でっかい消しゴムをもって、ゴシゴシと消し去りたいことも、いっぱい、ある。

けど、その友人からのコメントを見て、考えた。
「ひょっとして、君もそうなんか?」

うーん。マイナス思考に陥りがちな人間は、過去を思い出すたびに、後悔するようなことばかり思い出す羽目になって、だんだんいいことより、そちらに印象が傾き、その時代自体が「しまったなぁ~」になってしまうのかも。

「あのころ、いたには嫌な思いをさせたのではという念がある、‥」って書いてくれてるんだけど、私にはそんな思いをした記憶は全くない。それより、大阪の南の方から、こんな京都との府境の遠いところまで、重い大きなカメラを背負わせて、きてもらって、私たちの「なんちゃって結婚写真」を撮ってもらったことが、相手にはるかに嫌な思いをさせたんじゃないか、と気になっていた。
んで、お礼にわたしたのが、これまた覚えているんだけど、手元にビール券もあったのに、「ビール券はちょっと使いたいんで‥」とけちって、これまた手元にあった、「お米券」を3枚ほどわたしたのだ。自炊してたかも分からないのに、お米券もらって、24歳男性がうれしいはずないだろ‥‥。
このことも、この10年くらい「しまったなぁ‥」と、思い出すたびに私を苦しめた‥。

プロのカメラマンに撮ってもらったら、数万はくだらないだろうところを、優秀な機材を使ってとってもらったにもかかわらず、お米券3枚‥。ちゃんとお礼をいったかも覚えてないわ。


うえやま、すいませ~~ん!


大学時代の友人たち、今は会うこともほとんどない。
たまには会って、過去のこと、今のこと、笑いあったほうが、変な「後悔妄想スパイラル」に陥らなくて済むんだろう。

忘年会、行きます!三女が気になって、どうしようか悩んでたんだけど、行くわ。
精神衛生上よさそうだし。


大学時代の友人で、今も毎日のように顔をつき合わせている人が一人だけいます。
毎日終電で、あまりの激務に風呂につかりながら爆睡して、私に「死ぬで!」と怒鳴られたりしています。
そういえば、彼に関する大学時代の後悔、恥ずかしいことは、これっぽっちも出てきません。



結局、過去の恥ずかしいことって、今の自分が作っているのかな。
また考えることが増えたや。

なっちゃんのお店

近所にマッサージのお店があったんだけど、1年ほど前に駅二つ向こうに移転した。
その移転先のお店に、ようやく顔を出すことができました。

そこのお店のなっちゃんと私は、なんか不思議なご縁で‥仲良くさせてもらっている。
なんか、お互い二人とも、そんなに会う回数は多くないんだけど、気持ちが近くにいるような気がしている。

「なっちゃん、久しぶりにうちに来ないかな?」と思ってメールしたら、数ヶ月ぶりの休みをとってちょうど時間があいてる時だったとか、お互い「そろそろ会わなきゃな。」と思っていたらやっぱり会う機会ができたとか、まるで、誰かが裏でセッティングしてくれているかのように、いつもうまいこと会える。その偶然を二人できゃっきゃと喜ぶのが、また楽しい。

今日も、「なっちゃんのお店に行ってみよう」と朝思って連絡したら、またまた、たまたま予約が入っておらず、ゆっくりできるとのこと。

それでは、と三女と電車で行くことにする。

改札まで迎えに来てくれたなっちゃんが連れて行ってくれたお店は‥‥
想像以上にとっても素敵なところでした。

ゆったりとした施術室が二つもあって、間接照明で薄暗くって、落ち着いた雰囲気。
ところどころにあるグリーンも、生き生きとしていて、いい「気」が満ちているような感じがする。

施術用のベッドに持っていったお菓子を広げてチビパーティをしていると、運良く実咲が寝入ってくれて、これはラッキーと施術してもらうことに。

久しぶりに足湯して、もみもみしてもらって‥気持ちよかったなー。

お勧めです!
近くに住んでる方はぜひ寄ってみてください~
阪急長岡京駅下車徒歩2分くらいです。

s-2008.4.11-4.20 017

待合室でくつろぐ実咲さん。

お店の名前は
心豊かな生活
です♪


プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する