FC2ブログ

夏の前に

以前、このブログでもよびかけた、草履「みさとっこ」の共同購入に、12家族の方々が集まってくださり、計18足のミサトっ子が我が家に到着しました。

s-P1020794.jpg

履き心地がよくて、丈夫で、夏はいつもこれです。

この夏も、いつもの公園は、ミサトっ子で走り回る子でにぎわうんだろうなあ。
お友達が遊びにきてくれると、玄関にはミサトっ子だらけになって。


この夏も、真っ黒になって遊びましょうね~
スポンサーサイト



ざくろとイケア

夫、久しぶりの帰宅。

今日は珍しく仕事にいかないというので、懸案だったワードロープを買いに、夫の大嫌いなイケアへお供してもらうことになりました。

車を、駐車場からとってきた夫の手には‥

s-P1090032.jpg

今年もざくろ。
借りてる月極め駐車場のすみっこに、ざくろの木があるのです。

車内でざくろをぽりぽりと食べながら、神戸のイケアへ向かいました。


s-P1090037.jpg

いったん展示場のような売り場に入ると、途中リタイアができないようになっているイケアの構造に、非常に嫌悪感を持っている夫。夫と三女実咲は、子供を遊ばせる(4歳以上なら預けられる)コーナーで、私が品定めをしている間、待っててもらうことに。

私も、「今日は買うもの決まってるから、すぐすぐ。」と言い残して、店内に入ったものの‥。
ワードローブをどういった設計にするのか、はっきりとイメージを持たずに来てしまったので、あふれる展示におされて、「なんだかわけがわからない」状態に‥。

「こんなことではいかん。」と気を取り直して、なんとか店員さんをつかまえて、展示してあった一つのワードローブの構成を基本に、自分なりのワードローブをプランニングする。

ようやく形になって、夫と三女を呼びに行き、今度は巨大な倉庫のようなところに、設計したワードローブのパーツを取りにいく。

・扉 3枚、金具 3袋、引き出し 2つ、ハンガーレール 1つ more more more‥‥‥

積んだ台車も、「ふん!」っと気合を入れて押さなくてはならないほど重くなり、レジへ。
レジを通したら、その後、かなり離れた配送手続きのカウンターに、またその重い台車を押して行く。

そこで計った重さ、なんと 計144.50㎏‥。

なんか、もうくたくた‥。

値段も、一見、安く思えるが、引越し便でくる配送料、組み立てサービスの依頼費、この手間、をすべて足していくと、決してそんなに安くはないような気がします。


疲れた~。



行ってきました!

行ってきました!

ファミリアの会員限定バーゲン!
以前から一度行ってみたかったんだ~。


友達と待ち合わせて、大阪の本町まで、電車を乗り継いで‥‥。
次女と三女を連れて‥‥。
長女はカブスカウトの活動で関空にいってました。


広い展示場のような室内に、80 90‥ 120‥とサイズごとのワゴンコーナーに分かれていて、別室に小物や靴などがありました。

やっぱり人が多かったわ。

飽きるほど眺めてたカタログに載っていた服がいっぱい!
インターネットショップで「売り切れ」であきらめた服もいっぱい!

うっしゃー!!


まずは、だまっていない次女の服選び。
「どれがいいかなぁ~」と見ている間にも、両隣の人らは与えられた大きな袋にパンパン服を突っ込んでいく。
友達が、「ちょっとでもいいと思ったものはもうどんどん袋に入れていったほうがいいで」と教えてくれる。そうなんか。
じゃあ遠慮なく‥‥。

そして袋に入れたものの中から、本当に欲しい物を、館内の端っこにある「お見定め場所?」みたいなことが書いたコーナーのテーブルで選んで、「やっぱりやめる」ものは、壁にあるカーテンのかかった穴にポンポンと入れていく。


結局、場内をぐるぐるとまわって、私たちが選んだものは‥

・三女のカーディガン
・次女のボレロとスカート(どうしても二つ欲しいと涙目で訴えられ負けた)
・長女の定番タータンチェックのプリーツスカート
・その他私の雑貨(全部数百円です。トホホ)

に決定。

そして、とうとういくつも並んだレジコーナーへ。

持って行った現金では足りなくなるような予感がしたので、クレジット払いのコーナーへ行く。

「00000円です」

‥言われた金額を聞いて固まった。
「‥ちょっと待ってください。」

けど、どれも捨てられなーい!
えいや、もういいや!

とカードを通してしまった。


その後、小心者の私は「買いすぎだよなー‥いらないかな‥返品聞くかな‥」と頭の中をグルグルグル‥。
次女は横で
「いっぱい買ったね♪」とご満悦。

その後友達と合流し、つれてきてもらったにも関わらず友達に「二度とこない!危険や。」と言い放ち、気が抜けてまっすぐご帰還となりました。


けど、帰宅してから、子供たちが大喜びで買ってもらった服をきて、三女まで胸のファミちゃんを指差し「う、うう~」と得意げに声をだしているのを見て、

「まぁ、いいか‥、よかったわ。いい買い物した!」

と思ったよ。

Yさん、また連れて行って~~。


その後3泊の出張から帰った夫から、「向こうで買ったからお金ください」とユニクロのレシートを渡された。ズボンとシャツで、3千円ちょっと‥。

やすおさん、
ごめんなさい!
そしてありがとう!

アンド今日の買い物は、シークレット!
プロフィール

ita-j

Author:ita-j
板坂 淳子(山本 淳子)
1974年生まれ
関西在住

家族 夫と3人の娘

最近の記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する